下米田の家 WEB内覧会7

みなさんこんにちは!
A-Studio Lifun です。
ライファンって呼んでください!

今回は下米田の家WEB内覧会7をお届けします。

今回はランドリーコーナーと脱衣室です

0A5A8434_1600_800.jpg


前回ご紹介した洗面の隣が、
脱衣スペースとランドリースペース



0A5A8419_1600_800.jpg


お風呂に入る前に服を脱ぎ、洗濯かごへ。

中に入ると洗濯機を置くスペースと脱衣のスペース、洗剤などを置く棚が有ります。
ストック関係は前回ご紹介した洗面カウンターの下に。


0A5A8421_1600_800.jpg




洗濯を終えて、洗濯物を干すのは、次の写真




2018-02-13 09.45.56.jpg



写真撮影の時には間に合わなかった天吊りのパイプ。

昼間不在が多いので、部屋干し出来るスペースとして取り付けてあります。

夕方洗濯物を取り込む事が出来る日は、右側の出入り口から外で干します。

取り込んだ後に、一時的にこのパイプで仮吊りもできます。

折角洗った洋服を床に置くのは・・・・・。でも置くところないし・・・。
という悩みはみなさん結構あるのでは???


0A5A8438_1600_800.jpg


ランドリーコーナーからすぐの所。
洗濯物を持って歩くのは非常に大変。
結構重いですよね。
近くに干せるのは、主婦の味方。


そして宙に浮く棚板。乾いた洗濯物の仮置きやたたむスペース。



0A5A8646_1600_800.jpg



カゴを置けるスペースも造って有ります。

たたんだ洋服は、カゴに入れる。
あとは各自で片付ける。
そんな使い方をイメージして設計してあります。
カゴスペースが有る事によって、カウンターの上はいつもすっきり。




0A5A8436_1600_800.jpg


宙に浮いてる事で掃除も楽だし、圧迫感が少ない。

何処まで目線が通るかがこのスペースの鍵です。

狭いスペースながらも、圧迫感をなくし、散らからないようにと設計してあります。


0A5A8601_1600_800.jpg




部屋干しスペースを振り返ると、


0A5A8444_1600_800.jpg


夫婦のウォークスルークローゼット。

ウォークインではなく、ウォークスルー。
クローゼットを通り抜けて寝室に。

洋服の片付けは非常に簡単にできますね。


家を片付けやすくするのは、物に住所を付けるなんて言われてます。

何処で何をするか、何処に置くか。
片付けは非常に難しい。

出来る限り設計段階で住まい方のご提案をさせて頂きます。

誰もが新しい家を大切に、綺麗に使いたいと思う。
片付けやすい家なら自然と片付きます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 ↓ぽちっとお願いします!


にほんブログ村


A-Studio Lifun
HPはこちら
contactはこちら
tel 0573-79-2875
address 岐阜県中津川市加子母3824